オープンな投資環境

2019-11-29 17:20

山東省は中国で最初に開放された地域で2020年の同省の総輸出入額は22,009億元、実際の外資利用額は176.5億米ドル、2020年第13四半期の山東省の実際の外資利用額は469.4億元、フォーチュン500企業219社が導入され、規模以上の外資企業が受け取る事業収入は17,363億元、総利益は1,1401,000万元である。 資産総額は1,2872,000万元、インバウンド観光客の消費額は6%増、220以上の国や地域と経済貿易関係を結び、222組の友好都市と238組の友好協力関係を構築しました

省レベル以上の開発区(ハイテク区を含む)は179カ所あり、国家レベルの経済技術開発区が15カ所、国家レベルのハイテク産業開発区が13カ所、税関監督特区が10カ所となっています。 省レベル以上の経済パークは153あり、その中には140の経済開発区と13の総合保税区が含まれています。

SCO地域経済貿易協力実証区、威海中韓自由貿易区地域経済協力実証区、中韓(煙台)工業団地、中独エコロジーパークなどのオープンプラットフォームは、国家戦略に組み込まれています。

貿易の円滑化:青島と煙台が国境を越えた電子商取引の総合的なパイロットゾーンを構築すること、臨沂が市場調達貿易モードを試験的に実施すること、威海がサービス貿易の革新的発展を試験的に実施すること、青島と済寧が中古車輸出の試験的実施国に選ばれることを積極的に支援します。

主なイベント:孔子商会、香港山東ウィーク、青年起業家の革新と発展に関する国際サミット、世界文明に関するニシャンフォーラム、外務省のグローバルプロモーション、欧米の山東ウィーク、日本と韓国の山東ウィークが成功裏に開催され、商務部の支援を得て青島多国籍企業リーダーサミットを開催しました

ビジネス環境:「放管服」への取り組みを強化し、「3545」特別改革を実施します。すなわち、新規事業の立ち上げ手続きを3営業日以内に完了し、不動産登記を5営業日以内に完了し、エンジニアリングおよび建設プロジェクトの承認を45営業日以内に完了するなど、「3545」特別改革を実施し、ビジネス環境を改善します。 外商投資企業に対するアンバサダー制度が改善されました