日照

2021-01-18 17:00

発展の優位性

日照の生態環境が美しいです。冬には厳寒がなく、夏には酷暑がなく、「北方の南方、南方の北方」という美称があり、「国連人居賞」都市です。特に64キロにも続く金色の砂浜、澄みきった海水、明るい日光は、魅力的な「黄金海岸」を構成しています。2019年、接待した観光客数は4500万人を超え、中国の優れた旅行都市です。

日照は交通の便がいいです。日照は「一帯一路」のノード都市で、港型国家物流センター積載都市で、東は韓国、日本と海を隔てて眺めて、西はオランダのロッテルダムに直行して、山東南と中西部地区の最も便利な港です。100余りの国、地区に通航して、2本の千キロ以上の鉄道が奥地に直通して、13本の海上運送・鉄道連合運送コンテナがアジア・ヨーロッパに接続して、4本の長距離運送パイプラインが港区に直通して、長期原油の年間輸送能力が億トン以上です。2019年にわが市の港の貨物スループットは4.64億トンに達し、日照港のスループットは中国沿海港の第8位に位置しています。その境界線の内側には魯南高速鉄道、青連鉄道などの高速鉄道があり、66都市に通じています。日照空港はすでに北京・上海・広州・深センなど20の国内重点都市の便を開通し、旅客スループットは100万人を突破しました。

日照港の経済は際立っています。日照は山東省が重点的に建設した先進的な鉄鋼製造基地、完成車と部品産業基地と国家海洋経済発展モデル区です。現在、2000万トン以上の鉄鋼生産能力が形成され、この先4000万トン以上に達して、全国ないし世界の鉄鋼レイアウトが最も集中している場所の一つになって、鉄鋼関連の補助産業は兆レベルの産業クラスタを形成します。自動車及び部品産業において、年間を通じて自動車95万台で、エンジン100万台で、オートマチックトランスミッション140万台が生産されています。鉄鋼及び補助産業、自動車及び部品、石化貯蔵運送加工、パルプ紙印刷包装、食粮食品加工を主とする臨港産業は初期規模があります。日照と韓国、シンガポール、日本などの国と緊密な経済貿易関係を築いています。2019年に全市の輸出入総額は1052億元に達して、中国の対外貿易TOP100都市の第53位となっています。

重点産業

自動車および部品産業

日照市は全省自動車産業中長期発展計画の重点に建設された自動車産業基地です。2019年、全市の自動車完成車と部品産業は生産額が310.2億元に達しました。現在までに、日照市には五徴グループのフリスビー自動車、海匯新エネルギー自動車、中興自動車と長城自動車などの4社の完成車生産企業があり、自動車と部品関連企業は300以上に達しました。乗用車、ライトトラック、ピックアップトラック、農業用車、特種車などの完成車の生産能力と、威亜エンジン、派沃泰トランスミッションを中心とした自動車部品産業体系を形成し、完成車95万台、エンジン100万台、トランスミッション155万台、車橋1250万セット、金型1200セットの重点製品の生産能力を備えています。

鉄鋼産業

日照市の鉄鋼集中度が高く、山鋼日照会社、日鋼グループの二つのリーディング鉄鋼企業と、生産能力が2000万トンを超えています。次のステップでは、「山東省先進鉄鋼製造産業基地発展計画(2018—2025年)」(魯政字〔2018〕242号)によると、日照市は山東省が重点的に建設した先進的な鉄鋼製造基地で、2025年までに鉄鋼生産は4000万トンに達して、全省鉄鋼産業の構造転換と高度化の核心区、リード区となります。

生物医薬

日照市の生物産業は絶えず発展し、企業の規模と技術レベルは大幅に向上し、国内ないし国際的に有名なリーディングカンパニーグループが出現しました。現在、全市には生物技術企業が20社余りあり、海藻化学工業、医療薬剤、生物発酵、漢方薬現代化など多方面の類別がそろった総合的な産業に発展しています。主な製品はアルギン酸ナトリウム及び捺染助剤、マンニトール、ヨウ素、フコイダン硫酸エステル、ハウジングオリゴ糖、注射用医療薬剤、クエン酸系製品、キサンタンガム、コンドロイチン硫酸、閉経期性腺刺激ホルモン(HMG)、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン(HCG)、薬物放出血管ステント(研究中)、漢方薬材の面積は6万ムーに達して、年間を通じてオウゴンの12000トン、タンジンの乾燥品の9000トン、他の1200トン生産され、年間生産額が15億元を超えて、利益と税金が3億元です。山東潔晶グループ株式会社、日照魯信金禾生物化学有限公司、日照衆山生物科技有限公司、山東長富潔晶薬業有限公司、山東凱翔生物化学工業有限公司など10余りの基幹企業の産業基礎は比較的に良く、発展が速く、牽引性が強く、すでに全市の生物医薬業界の基幹企業になっています。

現代農業

日照市は伝統的な農業大市で、農業科学技術推進サービス体系はすでに初歩的に健全で、市全体が農業科学院、茶葉科学研究所、林業科学研究所、ブドウ研究所、食用菌研究所などの10余りの農業科学研究機関を有して、各級の農業科学技術者は1000人余りですが、全体的に市全体の農業技術レベルはまだ低く、現代農業ハイテクの研究と開発は不足しています。社会主義新農村建設の継続的な展開に伴い、市全体は農業良種、農産物の仕上げ、農産物の安全などの重要な共通技術の研究開発を深く展開し、良種プロジェクトを強力に実施し、農業施設化、集約化レベルを高め、主な病虫害生物の予防と治療、動物の重大な疫病の予防治療、農業生物資源の保護と効率的な利用、農業生態環境の改善などの技術の研究と応用を展開し、農業科学技術の持続的な革新能力を高めます。

新エネルギー

ここ近年、日照市は太陽エネルギーとその関連産業技術の研究開発と普及応用を推進することに力を入れて、太陽エネルギー給湯器の研究開発と利用、太陽電池シリーズ製品の開発、わら発電などで一定の進展を得て、すでに関連企業が20余りあります。山東昊明太陽エネルギー工業有限公司は太陽エネルギー給湯器、太陽エネルギー集熱工事の据付などを開発して、生産した吉昊、昊明シリーズの太陽エネルギー給湯器はすでに全国に販売拠点を建設して、集熱工事の万例を設置して、日照ディレット光電産業発展有限公司が研究開発した高効率結晶体シリコン太陽エネルギー電池、太陽エネルギーLED道路ランプなどは太陽エネルギーをエネルギー源として、ハイパワーLEDを光源として、ケーブルを埋設する必要がなく、経済的かつ環境に配慮しています。日照鼎鴻電子有限公司も新型非結晶体シリコンの太陽エネルギー利用の面で探索と研究開発を行っています。

電子情報

2008年、全業界規模以上の企業は31社で、主な営業業務収入は28億元で、利益は1.4億元で、税金は0.4億元を実現し、それぞれ市全体の規模以上の工業企業の1. 9%、1.3%、1%を占めています。その中で、ソフトウェア業の主な営営業務収入は6578万元に達して、52%増加し、総量は全省第7位に位置しています。市全体に省クラスソフトウェアサービスアウトソーシングモデル基地、省クラス電子情報産業園区、省クラスソフトウェア園区がそれぞれ一つずつあります。製品は専用電話機、電子部品、鉛酸蓄電池、電子機器の製造など多くの類別に関連しています。市全体のソフトウェア開発に従事する企業は全部で40余りで、従業員は500余りで、組み込み式ソフトウェア、アプリケーション、デジタルアニメとゲーム産業、ソフトウェアアウトソーシングなどの相互作用で発展する良性産業構造を形成しています。

ファインケミカル

日照市化学工業の優位性と特色は比較的に明らかで、ここ近年、プラスチック、シリコーン、ゴムタイヤ、ラテックスなどの優位製品を重点的に発展させ、日照金馬化学工業有限公司、日照嵐星化学工業有限公司、山東晨曦グループ有限公司、山東潔晶グループ株式会社、山東中泰陽光電気科技有限公司などの規模が比較的に大きく、市場競争力が比較的に強く、製品の科学技術の含有量が比較的に高い基幹企業を育成しました。山東省合成ラテックス工程技術研究センター、山東省海藻加工工程技術研究センターなどの省クラス工程研究センターを建設し、国内で比較的影響力のあるファインケミカル産業基地を形成しました。

造船修理と装備製造

ここ近年、日照市は華海船業プロジェクトの増築を推進して、奎山嘴造船修理基地を建設して、10万トンレベル以上の造船修理ドックを重点的に建設して、コンテナ船、タンカー、バルク貨物船、冷蔵船、遠洋漁船、水上バス・ボートレースなどを優先的に発展させ、船舶の修理改造業務を発展させ、造船を主とし、船修理を補助し、セット能力の強い産業体系を形成しています。

先進的な製造業

自動車や部品の製造。市全体の自動車工業の現有企業は200余社で、従業員は3.5万人で、その中で規模以上の企業は113社で、総資産は76億元です。地域的に見ると、主に五蓮県、開発区と東港区に分布し、企業の集積度が相対的に高く、分業協力、緊密に協力する自動車産業を形成しています。特に三輪自動車や低速トラックなどのシリーズ農業用車はすでに一定の優位性を備えており、山東五徴グループを先頭に、山東遨遊自動車部品、山東順達機械、日照旭日自動車飾り物グループなどの部品生産企業を中核とする五徴自動車産業チェーンを形成しています。