山東が開発区の発展を初めて全面的に計画:59の千億レベルの開発区を育成

2021-09-17 12:13

ここ最近、省政府の同意を得て、省発展改革委員会は『山東省開発区全体発展計画(2021—2025年)』(以下『計画』という)を発行しました。これはわが省が初めて全省開発区の発展に対して全面的な計画を立て、将来のある時期にわが省の176の各種類の開発区の全体的な配置と発展戦略を明らかにしました。

『計画』は開発区発展の基礎情勢に立脚し、各種類の開発区の主体的機能を明らかにし、開発区を全省科学技術革新リード区、深化改革試験区、対外開放先行区、新旧運動エネルギー転換集積区、高品質発展モデル区にする戦略的位置づけを提出し、2025年までに構造の最適化、技術のリード、クラスターの発展、特色のある産業体系と調和のとれた発展構造が初歩的に形成される発展目標を確定し、2035年までの長期的な発展目標を展望しました。

『計画』は革新型発展の加速、ハイエンド化戦略の実施、市場化改革の深化、制度型開放の拡大、現代化改造の推進などの重要な環節に焦点を当て、党の指導を堅持し、計画の着地・実施を確保する実務的措置を研究・提出しました。計画の実施・サポートを固めるため、複数の計画論証を通じて、『計画』は6つのコラムを設置し、イノベーションプラットフォーム、新興産業、最適化・アップグレード、インフラなどの面で各種類の工事プロジェクト371項、「531」千億レベルの開発区59項が組み込まれています。『計画』には各開発区主導産業指導目録、各市開発区の発展指導、計画環境影響説明などが添付され、各市開発区の発展方向と重要事項を明確にします。

次のステップでは、省発展改革委員会は『計画』の開発区発展に対する牽引作用を十分に発揮し、目標任務を確定し、作業措置を細分化し、実行を強化し、フォローアップ評価と動的管理を行い、各市、各開発区全体の発展計画、産業発展計画をできるだけ早く発表し、上下一体、全省統一の開発区三級計画体系を構築し、『計画』の着地・実行を迅速に推進するよう指導します。